そもそも「霊を切る」とは?


そもそも「霊を切る」とはどういうことかについて・・・

 

パワースポット講演会やセミナーに参加されたことがない方のために、ご説明いたします。

 

まず、亡くなった人間の霊魂(浮遊霊や地縛霊)や動物霊が何らかの目的で、この世に生きている人間や動物の肉体内に入り込んでくることを「憑依する(霊が憑く)」と言います。

 

人間の後頭部から霊は簡単に入って(憑いて)しまいます。

 

そして、頭、心臓、胃、肺等、体中のどこにでも憑いてしまいます。

 

ただし、人間の眼には見えないので「自分が霊に憑かれる訳がない!」と、多くの人は思われるかもしれません。

 

そもそも、霊の存在を信じない人もたくさんいます。

 

しかし、実は殆どの人が何らかの霊(特に地縛霊や浮遊霊の人霊や動物霊等)に、知らない間に憑かれているそうです。

 

(大森先生にはその様子がはっきり見えるそうです)

 

(極稀に、まったく憑かれない人もいるそうです)

 

霊に憑かれると、その人の肉体や人相や性格、行動、運命までが、憑依霊の強い影響を受ける場合があります。

 

多くの場合、悪い影響を受けて、様々な災いが起きてきます。

 

その典型的な例は、病気です。

 

例えば、心臓に霊が憑くと心臓の病気になったり、あるいは、癌で亡くなった霊に憑かれるとその人も同じように癌になったりします。

 

また、原因不明の病気というのも、霊の影響を受けている場合が多いです。

 

 

 

「霊を切る」とは・・・

憑いていれば災いを起こすであろう悪霊のみを(高次元の存在のお取り計らいにより)「祓(はら)う」のではなく、切ってしまうというもの(消霊=霊を切って消してしまうこと)です。

霊の影響で病になった場合、霊を切ることでその病気が快方に向かったという例は枚挙にいとまがありません。


では、一度、霊を切ってもらえば、もう2回目以降は必要ないのでしょうか?

いえ、できれば定期的に霊を切っていただくことをおすすめします。

眼には見えなくとも、あの世(4次元)には、怨みや執着心を持った霊や、地獄から抜け出した霊等、様々な浮遊霊や地縛霊が、おびただしい程いるそうです。

そして、いつでもどこでも、霊は人間に憑こうと狙っているそうです。

ですので、(その人が霊現象を感じる感じないに関係なく)定期的に「霊を切る」ことは、とても意味のあることと思います。

講演会やセミナーが開催できない今しか、このような完全遠隔での「霊を切る」はございません。

ですが、決してご無理なさらず、ご自分の可能な範囲でお申込みいただければと思います。