チャネリングコーナーのアーカイブ


ここでは、過去の質問&お答えの中から一部をピックアップしてご紹介します!

 

<個人的な悩みごと> 

・障害をもつ家族のこと

・原因不明の病気について 等々




質問「息子が軽度の知的障害と診断されました。」

子供(成人しています)の事ですが、就職はするものの長くは続かず、検査をしたら軽度の知的障害がある事が分かりました。

WATARASEの本にもあったように、人間がそう呼んでいるだけで障害ではないと理解していますが、本人は“障がい者”という言葉に大変抵抗があるようです。

しかし、就職をする為には認定を受けた方が良いのでは?と思っています。

今後、就職できますでしょうか?

今日は本人も参加しております。よろしくお願い申し上げます。

大森和代先生からのお答え

はい、この子の場合は、あまり急いでこの事を認定する必要はありません、とおっしゃっておられます。

今、家族も親もいて食べていけるのならば、障がい者免許をもらいたいとか、そういう事。それで食べなきゃいけないとか、そういう事でない限り、まだそのような手続きはこの子の場合はまだしない方がいい、とおっしゃっておられます。

今後ちょっと出会いがあるかも知れない。その時に異性の方がその事だけで判断してしまう場合も出てくる、とおっしゃっておられます。

そこまで自分の事を障がいという風に意識しない方が、この子の場合は良いという事を何かすごく強くおっしゃっておられますので、したければいつでも手続きは出来る事なので、今はまだそういう手続きをせずに、親子で頑張って、この子のトラウマも溶かしていってあげなさい、とおっしゃっておられます。

それによって人間関係がうまく…。今よりはうまくいくようにもなりますから。うーんトラウマを溶かす。

今は彼に親が自信をつけてあげる為に、もっと日々の暮らしの中で、彼を誉めてあげたり、認めてあげるという事を今日から、親が一生懸命まずする事で、少しずつ変化はしています。

心の成長が肉体の成長に伴なっていなかっただけで、あまり気にする事はない、とおっしゃっておられます。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「移植を待っている息子がいます。」

初めて参加させて頂いています。

子供がちょっと病気で、これから何年かの間に移植手術をしないといけないと病院の先生に言われているんですね。

一応、生体手術になるので、私のものを子供にあげようと思っています。腎臓になります。

やはり拒絶反応とか、そういう色々な話もありますし、私のもので大丈夫なのか?という事と、自分自身も遺伝でもある病気だったのに、私にも主人にもそういう病気は無くて、ただ子供にだけぱかっとその病気が出てきちゃうこともあって、自分自身をすごく責めている事はありました。

 

大森和代先生からのお答え

ここの息子さんの場合...

霊障とか、そういう事ではない、とおっしゃっておられます。

前生で何か悪い事をして霊が憑いていて、それで腎臓機能が低下しているとか、そういう事ではない。とてもいい、良い魂の子を降ろしています、とおっしゃっておられまして、今回の人生の中で、他の人と違う角度から学ばなくてはならない事が沢山ある為に、このような勉強をさせられていますので、あまりその事で落ち込む必要はありません。

魂が(霊界の)高い所から出てきていますので、その彼の姿を見て周りの人達も沢山の事を今後学びますから、家族みんなで祈り、お母さんの腎臓が適合できるように祈り、移植をされたら元気になられますよ、とおっしゃっておられます。

霊障の場合は、その後色々出てくる場合があるんですけれども、そうじゃないとおっしゃっておられますので...

ご心配だと思いますけれども、はい、それは、その臓器移植が罪だとか、この講演会で申し上げたりしていますけれども、その事は気にしなくていい、とおっしゃっておられます。

皆が前向きに明るい気持ちになりなさい、とおっしゃっておられますね。

子供さんだけではなくて、この家族全員に役目があるという事を今言われました。

この事をそこで、こうで...こうで...という事を書いておかれたりとか、そういう事で同じような思いをされる方を今後励ましていってあげるとか、そういうお役目もあるようですので、日々をぼーと過ごさず、全てを記録しておきなさい、とおっしゃっておられます。

(質問者):子供が30歳なので、子供の口から「もう50までは生きれないんじゃないかな」という事をよく口にするので...50になったら、50の生きがいが見つかるよって、私は言うんですね。

(大森先生):そうですね。そんな感じで記録をですね、残していってあげて下さい。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「元気だった息子が突然呼吸停止で倒れました。」

先生、こんにちは。

昨年9月に息子が呼吸停止になって、倒れました。

それでサイン会でもパワーを入れてもらって、少しずつ動きが出てきたんですけれども。

学校で突然倒れたんですけれども、その原因と今後どうやって息子の回復を頑張っていけばいいのか、どうか教えていただけないでしょうか?

大森和代先生からのお答え

福岡のサイン会でお会いしていますよね?!私。

息子さんの場合は、全くなんの予兆もなく...ですよね?!

(質問者):そうです、その日は水泳大会で、元気に水泳大会をしてですね、給食の時に、先生の給食の当番だったんですけれども、給食当番をやりにでて、先生に「ちょっと待って」と追いかけられたところで倒れたんですよ。それまで元気だったんですけれども...。

もともと息子は、小さい時から脳幹グリオーマと言って、脳腫瘍があってずぅっと検査をし続けたんです。

8歳まで全然問題なくですね、検査だけで過ごしていたんですけれども。

突然倒れて、今、まだ寝たきりの状態なんです。

(大森先生):あの時、確か、写真を見せて頂きまして、恨みの霊とかは憑いていませんよってお話しさせて頂いたんですね。

やはりあの...あの時もチラッとお話しさせて頂いたのかもしれませんけれども、恨みの霊とか霊障ではない場合はですね、ご家族全員で今生(こんせい)学ばなくてはいけない...それはある意味、人生修行の一つでもあるという事ですので、誰を恨むとか、その先生の念が来たとか、先生に追いかけられたからとか、そこで緊張したからとか、そういう誰かのせいではない、とおっしゃっておられます。

追いかけられた時に、霊がいっぱい憑いたとか、そういう事でもない、とおっしゃっておられますので。

逆に家族全員が今まで以上に、色々な事に対して感謝の気持ちがわいてきているはずです、とおっしゃっておられます。

その子供さんを通して、様々な人たちの愛を感じられたり、今まで見えていなかったものが見えてきたり、どんどん心眼が開いて... 心の眼が開いてきている、とおっしゃっておられますので、こちらのご一家の魂を大きく急いで成長させる為の...これはある意味、その為の出来事でもありますので、希望を持って頑張りなさいよ、とおっしゃっておられます。

その事があって何か見えてきたものがおありですか?

(質問者):色々えーと子供を通してですね、時々嫁さんと口喧嘩をしたりするんですけれども、頑張っていっています。

(大森先生):ただ、最初意識不明だったのが今は…。

(質問者):はい、ちょっとずつ回復してきてですね、今は寝返りしたりですね。手の動きもひどくなってきてですね。まだ、しゃべったり・食べたりする事は出来ないんですけれども。

(大森先生):希望を持って、とおっしゃっておられますので。また祈らせて頂きますので、頑張って下さい。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「毎晩足がつって眠れません。」

毎晩毎晩毎晩ですね、2時か2時過ぎくらいから朝まで、両足の筋がつるんです。

どうしても筋がつってつって、つりでなかなか眠れないんです。

何が原因なのか、どうしても病院に行っても原因が分からない。

手もふるうんですね。血液検査で出ない部分は、もう分らないと言われましたから、思い切って質問しました。

よろしくお願いいたします。

大森和代先生からのお答え

この方の場合は、簡単な原因であって、地縛霊と浮遊霊が災いをしていますので、早めに拾ってください、とおっしゃっておられますが、拾われた事はありますか?

 

(質問者):何も分かりません。どうしたらいいのか。

(大森先生):ご家族はおみえですか?

(質問者):いや、今日は私一人で。お友達三人と来たんです。

(大森先生):家も一人暮らしですか?

(質問者):家は、長女と私含めて六人で住んでいます。二世帯で。主人は三年前に亡くなりました。

(大森先生):人の出入りが多い家は、やっぱり結構、浮遊霊さんが沢山憑いてきますので、かなり溜まっているという事ですので、早めに拾われて下さい。

何回も何回も拾って、溜めといて頂いて大丈夫ですので、次の福岡の9月のスペシャルセミナーまで、何度も拾われてですね。車の中もですね。一つの袋で良いので。同じ袋で。それをされてみて下さい。

結構、拾ったその日からスッとするという方もおみえですから。

(2016年4月24日福岡講演会にて)