チャネリングコーナーのアーカイブ


ここでは、過去の質問&お答えの中から一部をピックアップしてご紹介します!

 

<亡くなった家族のこと> 



質問「父が末期のガンで亡くなりました。あまりにも突然でした。」

本日はありがとうございます。京都から参りました。

大森先生と日像先生に手紙みたいになってしまったんですけれども...

実は、先週父がガンで亡くなりまして、ちょっとあまりにも突然で。

もう末期だったので、もう手術とかも出来ない状態だったんですね。

で、なんとか私たちに出来る事というのが、祈る事と病院の病室の地縛霊さんを拾ったりだとか、そんな事しかできなかったんですけれども。

最後は、苦しんだ顔じゃなくて、眠るように。それだけガンが進行していたのに、亡くなって息を引き取ったので、それだけは良かったなという風に思うんですけれども...

父が亡くなって、本当に先週の話なんですけれども、不思議な体験をしたのでそれだけでも少しお話をさせて頂きます。

まず、父が亡くなった翌日ですね、棺の中に何か入れたい物とか、遺品とか、用意をしておいて下さい、と言われた時に、父は生前煙草を吸っていたので、裁きを受けた時に寒い所に行かないといけないかな?と思ったので、妹がプレゼントした手袋とマフラーをどうしても入れてあげたくて、探していたんですけれども全然見つからなくて... 父が仕舞っている所もどこか全然分からなくて、お父さんに向かって「どこにしまっているの?」と聞いたら、急にそこのタンスの扉が開きまして... 何回閉めてもまた開いて... 風も吹いていないので、「なんでやろ?」と言いながら、まさかと思って開けたら、そこの中に手袋とマフラーがちゃんと綺麗にしまってあったんですね。

お父さんが教えてくれたんだと思って、すごい嬉しくって。

それ以外は、私が寝ている時に。寝ていて朝方パッと目が覚めた時に、家の中で唯一スリッパを履くのが父だけなんですけれども、一階から二階へ上がってくるスリッパの音が聞こえてきまして、姿は見えないんですけれども、私の上を跨いだりしている風がこうフッと吹くのとかがすごい感じられて...

すごいビックリするような事なんですけれども、父が横にいるというのをすごい感じられて、やっぱりこういう経験も父と何度も、大森先生と日像先生の講演会に来させて頂いていたので、そういう事もお父さんからのメッセージを受け取る事が出来たんだなという風に思って、家族みんなうれしい気持ちなんですけれども。

あの、すいません... 個人的な質問にはなってしまうんですが、最後お父さんはすごく体調が悪かったので、まともに話す事が出来なかったので、自分の口から思っている事とかもお父さんから聞く事が出来なかったんですね。

多分今日一緒に来てくれているんかな?とは思っているんですけれども、何かお父さんがもし私達に伝えたい事があれば、是非教えて頂きたいのでお願いします。

大森和代先生からのお答え

はい、ありがとうございます。

お父さんは、今そこに立っておられます。後ろにですね。

今お話ししてくださった方の右側ですね、立っておられて、お話ししている間ずっと、お父さんが念波で私に話をして下さったんですけれども。

「突然亡くなって」と言われた時に、「突然やから良かったんや」っておっしゃられたんですね。

「あのな、ガンやガンや言われて、10年生きてみ。辛いでー」って、今おっしゃっておられて、

「突然逝けたから、身体もそこまで辛くもなかった」とおっしゃっておられます。

それで「マフラーは教えた」ともおっしゃっておられましたし、「そうやっていつも一緒におるんやという事を娘らに伝えたかった」という事をおっしゃっておられます。

そして、何か最後に言いたい事があったのかも知れないっておっしゃった時にお父さんが、

「感謝しかないわ」っておっしゃられたんですね。

「本当に娘らには ようしてまった」っておっしゃっておられます。

「感謝、感謝しかない。感謝を伝えたかったけれど、うまいこと言えへんかった」っておっしゃっておられます。

「お前に涙は似合わんわ」ってさっきからね、おっしゃっておられます。

娘さん達が泣かれるのは、なんか自分が悪い事をしたんかなって、思ってしまう、っておっしゃっておられまして、「そこまでいまだにこうして泣いてもらえる人がいるという事、こんな事は何の財産にも換えれへん」ってお父さんが今おっしゃっておられます、後ろで。

「本当に果報者」っておっしゃっておられますね。

お父さん、ずっと最初から聞いておられますので、「モノ金やない。こういう心の繋がり。これこそが俺の財産や」とおっしゃっておられますので。

お父様をね、思ってあげるのはとても良いことですけれども、やはりいつまでも泣いていたりするとね、お父さんがね、ちょっと心配されますのでね、って言いながら私も泣いているんですけれども、すいません。

あの、心配されますので、やっぱり「お父さん、こっちの事は大丈夫だよ。安心して旅立ってね」という風に言ってあげて下さい。

病気の期間は短かったけれども、十分生きたとは自分では思っている、とおっしゃっておられます。

満足した、っておっしゃっておられます。

葬式の様子も見ていて、満足されたそうです。

みんなが惜しんでくれている、そういう様子を見て満足して、とても今満たされた気分です、とおっしゃっておられます。

お父さんとしては、末期で良かった、っておっしゃっておられます。

あれこれ苦しい治療をされるのは辛いから、末期で良かったんや、っておっしゃっておられます。

まぁ、体調がいつもとは違うなという事は思っておられたそうです。

でもあまり…。病院は苦手だったんですかね?行きたくない気持ちの方が強くて、まぁ、それならそれでええやん。みたいな風に思った、とおっしゃっておられます。

だから、最期も穏やかな顔で肉体を脱いで、すーっとね、旅だたれましたので、苦しみは無かったそうです。

(2016年4月17日東京講演会にて)



質問「娘を交通事故で亡くしました」

平成27年8月に交通事故で亡くなった***の母です。

私はそばに居ながら守ってやれなかった***、ごめんね。なんで私ではなくて***だったんだろうって今も思っています。

“ママ!”って叫ぶ時間もなく、“痛い”って言えず、***は天国に行きました。

まさかあの時で最期になるとは思っていなかったので、本当に***に逢いたくて仕方ないです。

一度前に夫の母が話(大森先生の講演会)を聞きに行って、***はまだ霊界に行っていないとお聞きしました。

本当に優しい子だったので、パパとママを心配してくれているんだと思っています。

それを聞いて毎日、“パパとママは大丈夫だよ。”と話しかけています。

***は今どうしているのでしょうか?

パパとママの所にまた産まれてきてくれるのでしょうか? 

大森和代先生からのお答え

はい、***ちゃんは、今は無事霊界、天国に帰る事が出来ています。

毎日家にも自由に出入りをしています。

今日もお母さんの今膝の上に肘をおいて、こうしたりこうしたり(頭を振っている)ずっとお母さんと一緒に居ます。

家にもよく来て、お母さんの後ろから服を引っ張ったりしていますが、なかなかお母さんが気づいてくれない、と言っていますから、今度は気づいてあげて下さい、とおっしゃっておられます。

霊界に既にもう戻られたという事ですので、霊界に戻られれば、自由に家にも好きに帰ったり行ったり、好きな所にも行く事が出来ますので、お母さまも感じてあげて下さい。

何か***さんが使っていたオモチャがコトって動いたりとか、後は***ちゃんが分かってもらえるように何かお知らせをする、とおっしゃっていますので、これから少し***ちゃんを感じてあげて下さい。

ただ、霊界に帰りましたので、既に霊界のご家族がみえますから、今の***ちゃんはご両親に執着心があって来ているのとは違うという事ですので、やはり帰ったとしても執着ではないけれども、両親の所になぜか来てしまう、とおっしゃってますので。

執着心というモノとはちょっと違う、とおっしゃっていますので。

 

はい、感じてあげて下さい。お願いいたします。

(2016年4月24日福岡講演会にて)




質問「母が最期に言いたかったことを教えてください。」

今年の1月21日、実母が他界致しました。

4時間前に母の傍に到着。モルヒネで既に意識が無かったのですが、1時間ほど母の手を握り、なぜかお母さんに童謡を歌いました。

すると母が4回ほど声を出してくれました。

それが何を伝えたかったのか、どうしてもどうしてもどうしても聞きたいのです。

どうか教えて下さい。

大森和代先生からのお答え

はい、お母さんは最後少し不安な気持ちを抱えておられました。

それで、言いたかったことというか、お母さんがその時に“自分がどうなるのか?”という事を、

目の前がどんどんどんどん真っ暗に、上から真っ暗になってくる。それがお母さんはとても不安で...

“どうなるんかね?”みたいな事を訴えておられたという事です。

そして、ご臨終を迎えられた後の方が、体がスーッと解放された感じで、楽になれたという事です。

この方の場合は、その時は何かお礼が言いたいとか、そういう事では無かったと。

“どうなるんか?どうなるんか?”という事を一生懸命に聞こう聞こうとしておられたという事です。

今日も会場には来ておられます。

その方の右の後ろに今立っておられます。

“ここは暖かいわ”っておっしゃっておられます。

お母さんは今苦しくありません。

その時に言いたい事はそれだったという事なんですけれども。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「母が最期に指文字で私に伝えたかったことがずっと気になっています。」

今日2回目、昨年に続き来ました。

内容が被っているので質問していいか迷ったんですけれども...

昨年の11月に本当に大好きな母が他界したんですけれども、その前の晩、私の手に指文字で何かを伝えようと一生懸命してくれたんですけれども、それが本当に分からなくて、ごめんねって言って、それが分からないまま逝ってしまったので、

すごくずっと気になっていて、それが分かれば教えて頂けたら嬉しいなと思います。

大森和代先生からのお答え

その場に誰かいましたか?他にも。

(質問者):その時は、私がそばにずっといて... 

実は姉がずっと母を一人で看てくれていたんですけれども、ちょっと買い物か何か必要があって出てた時だったかな?と思うんですけれども。

だから、私と母と2人だったんです。

(大森先生):お礼が言いたかった、ともおっしゃっていますが、“ありがとうと書いたわけではないよ”と今、後ろでお母さんが。“ありがとうじゃない”と。

(大森先生):何か残してくださったものはありますか? 貯金とか。何かあんたにあげるって言いたかったって。

(質問者):あー、そうだったんですか。ずっと私が末っ子で心配をかけていて、心配をしてくれていたと思うので、母が何か私にして欲しいのかな?と思って。そういう事?って聞いたらそうじゃないって言ったから、どうしても分からなくて。

じゃあ、分からないごめんね。で終わってしまったんですよね。

(大森先生):何かもらったものはありませんか?

(質問者):愛情は沢山もらったんですけれども。

(大森先生):物質です。物質。あげたいあげたいなって、思ったんやけどねって。

(質問者):母は、郵便貯金をしていまして、それをまだそのまま残しているんですが、あと2人の他にこの間に弟がいて、その貯金を私と弟で話して、まだ手続きをしていないんですけれども、解約の手続きをしたら、必要な経費を引いた残りは、全部妹にあげるつもりで、弟と二人で話していて、手続きをまだちょっとぐずぐずして、していないので、そのことじゃないかなという気がします。

(大森先生):お姉ちゃんに内緒で言いたかったことらしいんですね。その時。だから手に書いたっておっしゃるんですよ。あげるって。

(質問者):そうですね、私だけがお金に苦労しているって。自分の身から出た錆ですけれども、たぶん心配してくれていたと思うので。そうだったのかなと思います。

(大森先生):あげると使っちゃうから、この子は。

(質問者):その通りです。

(大森先生):使っちゃうから、そこを見とってよ、とお姉さんに言っています。小出しにした方が良いです。年金制度のようにですね。

そうそう、うんうん。って。間におられるんですけれども、今。うんうんうんってずっとおっしゃっていますので。あーすっきりした、っておっしゃっています。

お姉さんと弟さんに、その分真心を返してあげるのよ、って今お母さんが後ろからおっしゃっています。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「生きていれば30歳になる死産で生まれた子供がいます。」

こんにちは、今日で2回目です。広島講演会にも行かせて頂きました。

今年の11月で生きていれば、30歳の男の子がいます。

10月10日、(お腹に)入っていたんですけれども、死産で産まれました。

一言でも言葉を交わしたかったんですけれども、どうしているのかな?といつも気になっています。

教えて頂いたらうれしいと思います。

大森和代先生からのお答え

今、その男の子は来ておられます。

後ろに立っておられますが、今は赤ちゃんではないです。見た目はもう大人。

あの、霊界におられますので、今、霊界の姿で、魂が男性。魂も男性。

その時も男の子として生まれる予定だったんですけれども、今、(霊界に戻られて)本当に立派な男性の方が後ろに立っておられて、ずっとお母さんの左の肩に手を置いておられます。

自分は生まれ出てくる事は出来なかったけれど、こんなにもいまだに涙を流してくれる、そういうお母さんのお腹に入れた事を誇りに思っています、と伝えて欲しいとおっしゃっておられます。

今は、霊界にも家族がおられて、立派に暮らしておられます。

家には時々帰っておられるという事です。

すべて聞かされてきている事だから、自分は悲しくはないけれども、お母さんの涙を見ると悲しい気持ちにはなります、とおっしゃっておられます。

もう、霊界に帰っておられますので、その時の生まれ出てくる前のお腹に入る前の魂の記憶も全部戻っていますので、お腹に入る時に“あなたは肉体は外に生まれて育つ事はないけれども、こういう人生ですよ”と聞かされて来ていたので。

その代わり次の自分の人生は、とても長生きをするそうです、ともおっしゃっておられます。

それもなんか聞かされている、とおっしゃっておられます。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「自ら命を絶った弟の代わりにできることをしてあげたい。」

二年前に自ら命を絶った弟のことなんですが...

私は、先日の東京講演会に初めて参加させて頂いて、今日は二回目です。

地元が福岡なので戻ってきたんすが、以前から参加させて頂いている母から、弟は異例の速さで地縛を解かれて、今では一人亡くなった弟の方が一番幸せだと。向こうで一番幸せだと言っているという話を聞いています。

私がずっと聞きたかったのは、きっと弟はこの世に全く後悔もなくいると思うんですけれども、今思い出して、「あれやっとけば良かったな」とか些細な事があれば、私が代わりにやってあげられる事であれば、叶えてあげたいという思いがあって、もしそういう事があれば教えて頂けたら嬉しいです。

大森和代先生からのお答え

弟さんも今日来ておられて、今話している間ずーっと後ろからお姉さんの髪の毛をこうやってこうやって、なんか撫でるではないんですけれども、こうやってひゅっひゅっとやっておられるんですね。

なんか、「やって欲しい事とかあれば」っておっしゃったら、「なーんもないわ」って今後ろでおっしゃっています。「それより自分の幸せを考えろよ」って、弟さんがおっしゃっておられます。とても素敵な弟さんです。

お姉さんより自分の方がずっと身軽だって言っています。どこに行くにもタダっておっしゃっています。

ただ一つこれはお姉さんが出来る事ではないんだけれども、一つ自分が思う事は、こんな風に自分がした事が家族の心を傷つけてしまったという事を、消しゴムで消せるなら消したいって、今なんか弟さんがおっしゃっています。

その事だけが、消したいなぁって。けどこんな事は... そんな事を頼んだってやってもらえるわけじゃないから、笑ってもらえる方がずっと楽になれるっておっしゃっています。

(質問者):わかりました。

(大森先生):お辛いですけれどもね、意味あって起こった事ですので... 弟さんも前に進んでくれって、おっしゃっていますのでね。

お母さんがお仏壇にご飯を出したりは、して下さっているんですかね?

お母さんがやって下さっているんですね、好きな物を出してあげて下さいね。でもとても遠慮深いね、弟さんは。先祖に合わせればいいっておっしゃっています。

自分の好きな物ばかりじゃなくてもいいって。先祖に合わせてもらえばいいって。なんか若いのにしっかりしておられますね。

(2016年4月24日福岡講演会にて)



質問「いとこが運転中に心筋梗塞を起こし、そのまま事故死しました。」

(2016年)2月8日、私のいとこが亡くなりました。

54歳でした。

仕事で運転中、心筋梗塞をおこし、車ごと田んぼに落ちて、心肺停止のまま運ばれ、そのまま病院で蘇生する事は出来ませんでした。

地縛霊になっているかも、と思い、ワタラセスタッフの方2人に色々質問をしましたが、はっきりしたことは大森先生にしか分からない、と言われました。

ただ、今日の講演会にいとこの魂が来れるよう、毎日祈って下さい、とアドバイスを頂き、必死に祈りました。

いとこは地縛霊になっていますか?

もしそうなら是非救ってあげたいのです。

お願いいたします。教えて下さい。

大森和代先生からのお答え

この方は、事故後やはり地縛となっております、とおっしゃっておられます。

今日はやはり来ておりません、とおっしゃっておられますので. . .

 

(中略)

その方専用(のビニール袋に土を入れたもの)を一つ作られて、その事故現場に行かれて . . .

その方の名前でもいいですので、名前を呼ばれて、「どうかこちらの袋(の中の土)にお入りください」と . . . 

で、その袋では絶対に他の方は拾わないようにされて . . . で袋で拾って . . . 

今日もおみえになられたんですけれどもね、控室でちょっと、スタッフさんが見て欲しい、という方がおられたんですけれども . . .

入ったかどうかだけは、ちゃんとチェックさせて頂きますので . . .入って頂いて。

本当は濃い親族とか、親だったり子だったり...がやられると良いんですけれども。まぁいとこさんですし、親族は親族ですので . . .拾われて、

その方自身がその中に入っておられる方をしばらく諭していってあげるという事をしないといけないもんですから、その方自身で自分の言葉でいいですから、地縛になってしまったけれども、こういう所でお勉強した事をね、

「人間は亡くなって終わりじゃないよ」とか「こういう世界があるんだ。死後の世界はこうなっている」とか。

そういう事を毎日のように話して諭していってあげるという事をして. . . ちょっと難しいかもしれないんですけれども、していって頂かなくちゃいけないので. . .

そういう事をしてあげる事が、早く救える。

まぁ、そのままの状態にしておいてあげて、祈ってあげるという事でも、まぁ救って下さるのは神様ですので、救って下さる場合もありますが、ちょっと今はまだ地縛を解かれていないという事ですので、そのようにされて下さい。

また、詳しいことはスタッフさんに聞いていただけますか?

(2016年3月27日岐阜講演会にて)



質問「長年一人暮らしの叔母が孤独死しました。」

長年一人暮らしの叔母がいましたが、今年1月4日の日に、様子を見に訪ねて行ったら、倒れて亡くなっていました。その後すぐ、検死を行ってもらいました。1月1日か2日に亡くなったのではないかという事でした。

こちらとしては、はっきりとした事がどうしても知りたいのです。

いつ亡くなったのか?死の直前何をしていたのか?今の叔母が抱いている気持ちなど、分かれば教えて下さい。

また、ひょっとすると予定より早くあちらの世界に引き上げられたのではないか?とも思う今日この頃です。なにとぞよろしくお願い致します。

叔母さんが亡くなられたのは、1月1日です。と(神様が)おっしゃっています。

叔母さんは、「あぁ、今年もまた新しい年や」と思われて、家におられたと。

1日になったなぁと思われて、別にその時に何かを特別思ったとか、そういう事はないと。あまりこの世に執着は持っていなかったので、そんなに苦しむ事無く、亡くなっていかれましたとおっしゃっています。

今、特別何かが言いたいとかはない。今日来られています、ここ(講演会場)に。叔母様は。苦しくはない。

普通は、このようにご自宅等で亡くなられて、孤独死とかございますが、そういう状態ですと、変死という事で、地縛霊になられる方がいらっしゃるんですが、この叔母さんの場合は、地縛霊にはなっておられません。

既に発見をされた時に、叔母さんは、この肉体と幽体・霊体というのは、先ほど(講演の中で)説明があったと思うんですが、霊線で繋がっているんですが、その霊線は切れた状態でした。

もう、自由に幽体・霊体が動き回れる状態でしたので、それでお家にも行かれたそうです。姪御さんのお家に行かれて、何らかのお知らせをしたとおっしゃっています。

何か、叔母さんの家に行かなきゃという気持ちにさせられたとか、それで発見されたという事だとおっしゃっています。

そんなに、私が私が、という叔母さんではないので、何も主張されておられません。

とにかく、苦しくはないという事ですので、ご安心ください。

大森和代先生からのお答え

(2012年2月12日大阪講演会にて)